分煙機の活躍について

分煙機の活躍について

近年、たばこの煙にはうるさい世の中になってきています。

かつては列車の中でも座席に座りながらたばこを吸うことができましたが、現在では禁煙車しかなく、あるとしても列車のデッキのところにぽつんと喫煙所があるだけです。


会社でもオフィスでたばこを吸っている光景をよく見かけましたが、最近はまったく見かけません。



このようにたばこを吸う人の肩身が狭くなった理由は健康志向になったという理由もありますが、厚生省(当時)によりガイドラインが設けられたことにあります。



職場における喫煙対策のためのガイドラインは2002年5月に設けられましたが喫煙場所を設置する場合は、煙が漏れないことや喫煙所内でもきれいな空気環境が維持できることが必要であると言うことです。

これに沿って喫煙所を設けた会社等が増えてきました。


喫煙所には換気扇を設置していますが、家庭用の換気扇では空気がなかなか出て行かないため室内の空気が悪くなってしまうのです。


そこで大型の換気扇を設置しているところもありますが、窓際でない限り換気扇の交換にはかなりのお金がかかります。
その一方で、換気扇を取り替えずに分煙機をつければ割安になります。
分煙機には汚れた空気を吸い込む機能があることはもちろんこと、汚い空気を吸い込んだ代わりにきれいな空気をはき出します。

これによって換気扇は一酸化炭素を出す役割を果たせばそれほど大型の換気扇に変える必要なないと言うことです。
大きめの喫煙所には分煙機を2つ設置することで対応することが可能になります。



Copyright (C) 2016 分煙機の活躍について All Rights Reserved.