分煙機のフィルターと煙草の煙に含まれる有害物質

分煙機のフィルターと煙草の煙に含まれる有害物質

分煙機には特殊なフィルターが取り付けられていると言った特徴が在ります。

分煙機は煙草の煙を吸引させる空気清浄機ですが、特殊なフィルターが内蔵されているため、煙草の煙に含まれている有害な物質を除去する事が出来ます。


一般的な空気清浄機も細かな塵や埃などを除去出来る能力は在りますが、分煙機のように煙草の煙に含まれる有害な物質を除去すると言った機能が無いため、一般的な空気清浄機では分煙環境を作り出すことは難しいと言われています。



尚、煙草の煙に含まれている有害物質は喫煙者が煙草を吸う時に体内に入る主流煙と煙草を手に持っている時などに立ち上る煙の副流煙とでは、副流煙の方が多くの有害物質が含まれており、副流煙により目や鼻の粘膜を刺激すると言われています。


また、煙草の煙に含まれる有害物質には臭いの原因となる、タール、ニコチン、アンモニア、一酸化炭素、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、酢酸などが在り、これらの有害物質を分煙機内部のフィルターが除去してくれるため、空気が綺麗な状態で放出されると言った特徴が在ります。

遮熱フィルムに関する疑問にお答えします。

しかし、フィルターは定期的な交換が必要であり、交換を行う事で分煙環境を維持させ、喫煙所内に煙草の嫌な臭いを付けさせない事にも繋がります。



換気扇などで煙を除去しても、室内に煙草臭さが生じてしまうのは、煙草の煙に含まれる有害な物質が浄化されることなく、壁や設備などに付着するからであり、分煙機を導入する事で煙草臭さを軽減させる効果も期待出来ます。

Copyright (C) 2016 分煙機のフィルターと煙草の煙に含まれる有害物質 All Rights Reserved.